『劇場版ポケットモンスター 結晶塔の帝王 ENTEI』

劇場版ポケモンシリーズの第三作目
(2000年7月8日日本公開)
『金・銀』における三体の伝説ポケモンの一匹、エンテイが登場。
ある親子が、未知のポケモンアンノーン」が引き起こす
不思議な出来事に巻き込まれていく中での親子愛を描く。

ミー、パパ、エンテイの関係性が曖昧なままで終わり、
さらに追い打ちをかけるように、
ミーのママらしき登場人物がエンディングに登場したことにより
    少々歯がゆい思いのエンディング

近作もCMでピカチュウが泣きながら「ピカピー!」
と叫ぶシーンがあったが
 本編では上映されなかった

竹中直人・加藤あい・薬丸裕英がゲスト出演した。
本作は2000年度邦画興行成績第1位になり、
劇場版ポケモン映画が2年連続で日本映画のトップを記録している。

当初は「結晶塔の帝王」というタイトルだったが
   後にアンノーンでENTEIと書かれるようになった


【 主題歌 】

 劇場版ポケットモンスター 結晶塔の帝王 ENTEI
    OP:『OK!2000』 歌:松本梨香
    ED:『虹がうまれた日』 歌:森公美子


【 同時上映 】


 『ピチューとピカチュウ』(2000年劇場アニメと同時公開)
  ピチュー兄弟とピカチュウが、
  ミレニアムシティの町並みを走り回る。ナレーターは酒井法子。

posted by ポケモン劇場版 〜ピカチュウ・ザ・ムービー〜 at 21:53 | ポケモン劇場版映画
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。